ある日突然でっちあげDVで訴えられたら?

でっち上げDVを受けた時の対策!

   

あなたは現在、でっち上げDVによってかなり苦労をしていないでしょうか?奥さんによってでっち上げDVを作り上げられ、ひどい仕打ちをされている男性は本当に気苦労が絶えませんよね。

当然、DVは最低な行為であり絶対してはいけない暴力行為です。しかし、していないでっち上げDVを勝手に作り上げられて、そのことに関して悩んでいる男性も、少なからず存在しています。今この瞬間にも訴えられて大変な目に遭っている男性もいることを忘れてはいけないのです。

私の友人のA君も、でっち上げDVで悩まされていた男性の一人です。A君は本当に優しくて、どちらかと言うとすぐに人に騙されるようなタイプの男性です。

そのA君がDVなんてするはずはなく、元奥さんによってでっち上げDVを作り上げられたのでした。

A君は元奥さんと結婚したものの、元奥さんはA君のお金目当てで結婚をしたような感じでした。A君は人がいいために、それでも結婚したのですが、やはりそれが間違いでした。

次第に元奥さんはかなりお金遣いが荒くなり、どんどんA君の稼いだ収入を使い込みました。そして、A君が金銭的に苦しくなると、A君と離婚して慰謝料をもらうために、でっち上げDVを作り上げたのでした。

A君はその当時30歳で元奥さんは28歳でした。お子さんは元奥さんの前夫との間にできた5歳のお子さんがいました。

A君は仕方なく離婚に応じ、離婚のために弁護士さんにお願いをしました。でっち上げDVの対策には、弁護士さん選びがかなり重要です!

弁護士さん選びで大きく結果も変わってくるかもしれないので、できれば実績のある信用できる弁護士さんにお願いすることが大切です。多少料金が高くなっても、やはり仕方ないと思ったほうがいいでしょう。

元奥さんの弁護士さんもなかなか手ごわくて厄介だったと聞きましたが、A君の弁護士さんの方がもっと優秀だったそうで、A君が訴えられたでっち上げDVも嘘だと判明し、慰謝料もほぼとられることはありませんでした。

元奥さんの裁判での悔しそうな顔が印象的だったと後でA君から聞きました。

 

でっち上げDVによってA君はかなり大変な思いをしました。本当にでっち上げDVというものはとても厄介で男性にはすごく不利なのです。そのため、もし裁判などになった場合には「していないことの証明」をするのは容易ではありません。対策にもとっても苦労します。

それでも、負けてはいけませんし、嘘のでっち上げDVなんかには負けず「嘘だと証明」してください!

現在でっち上げDVの対策で悩んでいる男性も、どこかで決着をつけないといけません。ぜひ勝って正義を勝ち取ってください。

 - でっち上げDV対策集